シドニー・パウエルの訴訟、最高裁が却下

THE TRUE DEFENDERより:
3月1日–最高裁判所は、11月3日の大統領選挙に関して、ウィスコンシン準州とアリゾナ州を対象としたシドニー・パウエルの異議申し立て訴訟を正式に却下しました。

「下級審への令状の請願は却下された」と裁判所は、訴訟が却下された理由について追加のコメントを提供せずに述べた(アリゾナ州とウィスコンシン州の両方があった)。同じくパウエル側からのコメントはありません。パウエルの請願書の1つは、次のように述べています。「下級審への例外の令状を求めてこの裁判所に直接提出することは珍しいことですが、その根拠はあります。そのような救済はまれですが、この裁判所は、「公共の重要性の問題が関係している場合、または問題がこの裁判所が行動をとるべきであることが特に適切であるような性質のものである場合」にそれは受理されるべきです。

パウエルが1月下旬にスーパーPACを立ち上げたことを覚えていますか?これは「キャンペーンや候補者と直接調整しない条件で、無制限の寄付を受け取り、イニシアチブに無制限の政治的支出を行うことができる独立した支出のみの政治行動委員会」であり、排他的に独立しています。彼女は、言論の力や他の憲法上の権利などの基本的人権を唯一保護するためにこれを創りました(彼ら通常のアメリカ人が、我々から消え始めているので)。

「アメリカの人々は、政党の自己利益、ハイテク巨人の支配、そして偽のニュースの嘘を暴露し、拒絶する声に値する」と彼女はこれをアメリカ国民に提示する前にきつく発表した。 「Twitterの行動とDCに行った人々の口座を閉鎖した銀行の行動は、最も純粋な形のファシズムです。 … それは長く、よく計画された共産主義のクーデターです」と彼女は言い、「共和国を回復する」という名で、この独立した組織を作るという考えから彼女がどのように始めたかを説明しました。