ペニスが勃起したトランス「女性」が女子トイレで女性を撮影したとされる

THE GATEWAY PUNDIT Jul 1, 2023より:

反発を呼び起こし、緊急の行動が求められるこの事件で、マサチューセッツ州バーリントンから最近、勃起したペニスの状態でトランスジェンダーの「女性」が女子トイレの個室を使用するのを待っている様子を映したビデオが公開された。

カメラに捉えられた問題の人物は、背後で聞こえる女性たちを見つめているのが映っている。それから彼はカメラを変え、その場にいた女性たちの隠し撮りを準備しているようだった。

トランスジェンダー女性によるこのグロテスクな行動は非常に憂慮すべきものであり、公衆トイレを使用するすべての生物学的女性の安全性と快適さについて深刻な懸念を引き起こしています。

マサチューセッツ州バーリントンの女子トイレで、ペニスが勃起したトランスジェンダーの男性が列に並んで待っている。

ビデオの中で、彼は女性たちをちらっと見て(後ろで声が聞こえている)カメラを向け、女性たちの写真を目立たないよう撮影する準備をしているように見えた。

マサチューセッツ州の現行法は、トランスジェンダーの人々が自らの性自認に応じたトイレを使用する権利を保護している。

州の公式ウェブサイトによれば、2016 年法律第 134 章では、トランスジェンダーの人々に自らの性自認に応じてトイレや更衣室を使用する権利を与えており、「不当な目的で性自認を主張する者に対して法的措置を講じる」という文言も含まれているという。

しかし、この事件は、それらの権利の憂慮すべき悪用をはっきりと浮き彫りにしました。バーリントンでの衝撃的な事件は、公衆トイレ施設の設計と管理を再検討する必要性を浮き彫りにした。