ニューヨークのレストランの外で、アジア人女性が不意に顔を殴られる

NEW YORK POSTより:警察によると、月曜日、チャイナタウンのレストランの外で無謀な攻撃が行われ、狂気の男がアジア人女性の顔を不意に殴りつけ、地面に叩きつけた。
チャイナタウンを管轄する議員Yuh-Line NiouがTwitterに投稿した監視ビデオは、モット・ストリート近くのベイヤード・ストリートでの恐ろしい昼間の襲撃を捉えた。
55 歳の犠牲者は、オレンジ色のパーカーとデニムジャケットを着た男が、挑発もなく彼女を殴った、午後 6 時 15 分頃にコン・シーク・トン・カフェのそばを歩いているのが見られます。

映像によると、女性は歩道に後ろ向きに倒れ、外で食事をしている 2 人が茫然として座っていると、襲撃者が叫び始めます。

その後、男が急いで被害者の様子を確認しようと駆け寄ってきた。被害者の背中は、飲食店の屋外ダイニング造作の柱にもたれかかっていた。

“大丈夫ですか?"彼は尋ねるが、映像によると、女性は反応も動きもしない。

警察によると、彼女は安定した状態で NewYork-Presbyterian ローワー・マンハッタン病院に運ばれました。

ニオウ氏は、犠牲者は「意識があり、認識があり、警戒していた」と語った。

その後、警官が娘と一緒に家に連れ帰ったとき、女性は動揺しているように見えた。

「彼女は元気です」と娘は母親のアパートのドアからポスト紙に語った。

法執行機関の情報筋によると、容疑者は現場で逮捕され、精神鑑定のためにベルビュー病院に運ばれました。

彼に対する告訴は保留中でした。

「捜査中、ヘイトクライム対策本部が呼び出された」と女性議員はツイートした。・・・

「ニューヨークのチャイナタウンの中心で、目の前でアジア人女性が襲われるのを実際に目撃したなんて信じられない」と目撃者のジン・ジェンはインスタグラムのストーリーに書いた。・・・

ウェイターのチウ・チェンさん(24)は、女性が暴行されたとき、レストランは忙しかったが、彼女が地面に座って頭を覆っているのを見たと語った。

彼は、アジア系ニューヨーカーに対する犯罪が増加する中、この地域により多くの警官を配置するよう市に求めた.

「緊張と恐怖を感じます」とチェン氏はポスト紙に語った。 この地域で働くドナルド・ング氏は、ビル・デブラシオ市長は「このメンタルヘルスの問題について何かをする必要がある」と語った。