国境危機: 180,000人の不法滞在者が 5 月に国境で逮捕 – 昨年より674%増加

GATEWAY PUNDITより:
これがジョー・バイデンのアメリカです。笑って誤魔化すハリス。
5月に18万人の不法滞在者が米国とメキシコの国境で逮捕されました。これは昨年に比べて674%の増加です。
税関国境警備局は、5月に国境沿いで180,034人の不法滞在者に遭遇したと発表しました。これは、4月に遭遇した178,000人から増加しています。

フォックスニュースの報告:
税関国境警備局(CBP)は、5月だけでも、18万人以上の移民が南の国境を経由して米国に入国しようとしていることに遭遇しました。これは、南の国境での継続的で容赦ない危機の最新の兆候です。

CBPは、遭遇した人々の多くは、COVID-19のパンデミックにより、タイトル42の公衆衛生保護を通じて追放されたと述べました。遭遇した 180,000 人のうち、112,302 人がタイトル 42 によって追放され、その多くは独身成人でした。当局はまた、移民が米国への入国を複数回試みる可能性が高いため、タイトル42の追放が遭遇の増加につながったと述べた。

ノーザントライアングルからの同伴者のいない子供たちの数は23%減少しましたが、4月に遭遇した13,940人と比較して10,765人と非常に高いままでした。バイデン政権は、過去数か月に同伴者のいない子供たちが収容されていた国境警備隊の施設を空にし、代わりにヒースとヒューマンサービスの施設に送ることに成功したと宣伝しました。

トム・コットン上院議員は、国境危機の根本的な原因はバイデン政権であると述べた。

カマラ・ハリスは3月に「国境の責任者」に任命され、危機は彼女の監視の下で悪化しただけです。

ハリスは今週、彼女がいつ国境を訪れるのかと尋ねる記者たちにスナップした。 カマラ・ハリスは、レスター・ホルトが米国とメキシコの国境をいつ訪れるのかと尋ねたとき、酷く混乱してケラケラ笑って防御しました。