テキサス州ケン・パクストン司法長官と法執行官が国境危機について語る

OANより:

テキサス州の法執行官と高官は、進行中の国境危機について話しました。
火曜日の記者会見で、ケン・パクストン司法長官は、国境開放政策に関してバイデン政権に対して提起された多数の訴訟に触れました。

テキサス州の公安当局者は、ローンスター作戦に言及し、不法移民の逮捕を支援するために、1,000人を超える公安局が州の国境に配備されました。さらに、パクストンは、裁判所の命令を無視し、国内での大規模な移民を許可することをやめるように政権に求めた。

現在恩恵を受けているのはカルテルだけであり、彼らは大きな恩恵を受けています。麻薬や人身売買に関連するカルテルと戦っていますが、テキサスでは我慢するつもりはありません。党や経歴は関係ありません。私たちはそれと戦うと聞いており、私のオフィスはこれからもその戦いを続けていきます。
私たちはやめない。テキサスだけでなく、全国の日常の市民の生活に影響を与えるので、彼らがこれを正しく理解するまで、私たちは彼らと戦うつもりです」
一方、テキサス州知事のグレッグアボット氏は、違法な国境通過を阻止するための戦略的柵や障壁など、州の国境壁に向けた準備が行われていると語った。