ウィスコンシン上院委員会は2020年選挙からマディソン市の不在者投票と投票機の記録の召喚状を発行します。

THE GATEWAY PUNDIT November 15, 2021 at 7:00pm より:

ウィスコンシン上院委員会は、ウィスコンシン州マディソン市の不在者投票および投票機の記録を召喚しました。

マディソン市長からの即時の対応は、要求されたアイテムを提供しないことです。

チャネル3000によると:

ウィスコンシン上院委員会は、2020年の選挙に関する進行中の調査の一環として、マディソンの選挙記録に関する召喚状を発行しました。

州の共和党員は、無党派の立法監査局(LAB)が州中からの投票の調査に基づいて選挙法の一貫性のない管理を概説した報告を共有した後、10月下旬に独自の調査の計画を発表しました。LABのレポートでは、広範囲にわたる詐欺の事例は特定されていません。

選挙プロセス改革、倫理そして上院多数党首のデビン・ルメイユ(共和党-オーストバーグ)、上院議長のクリス・カペンガ(共和党-デラフィールド)および委員長の上院議員キャスリーン・バーニエ(共和党-チペワフォールズ)によって署名された選挙に関する上院委員会により発行された召喚状は、2020年11月の総選挙のすべての不在者投票証明書と、選挙に使用された電子投票機のテスト結果を提出するよう市に要請します。

マディソン市長はすぐにその要請を拒否した。彼女は、上院は要求された記録のコピーを持つことができるが、元本の投票用紙は持つことができないと共有しました。もちろん、他の地域からもこの時間稼ぎの手法を見てきました。コピーの問題は、特定のレベルの精度で作成されていない場合、法医学分析に適さないことです。

喧伝して下さい。今では、すべての州と地方が選挙の投票用紙を入手するのに10か月もかかりません、でないと永久に消えてしまいます。