アリゾナ州フローレンスで開催されたセーブアメリカ集会でトランプは、バイデンの急進的な議題、腐敗したメディアを非難します

The Post Millennial より:

ドナルド・トランプ前大統領は土曜日の夜、ジョー・バイデン大統領の初年度の失敗を、政府のCOVID-19対応からサプライチェーン危機に至るまで爆破しました。

トランプ氏は、バイデン氏が「議決権」法案の通過を支持した上院議事妨害規則の変更を引用し、「いい加減にしろ。これ以上採用するつもりはない」と宣言した。「私たちの国が地獄に行くからです。それは災害です」・・・

「ジョー・バイデンにアメリカ人の健康の選択は彼の仕事ではないことを伝えてください!私たちは私たち自身の選択をすることができます!」

「いい加減にしろ、私たちの子供のことは放っておきなさい」とトランプはアリゾナの集会で述べた。

トランプ氏は、DirecTVの所有者であるAT&Tをボイコットすることについて冗談を言った。
これは、One America News Networkの親会社が4月に契約満了すると廃止される予定である。保守的なネットワークは、春にチャンネルラインナップから立ち上げられます。

「私は「ボイコット」という言葉を使うつもりはありません。 「ボイコットAT&T!」とは言いません。 私はロバートにそれをしないと約束したので、「彼らをボイコットする!」とは言わない」とトランプは冗談を言った。・・・・

トランプは、1月6日の暴動の前に抗議者を扇動しようとしているのが見られたレイ・エップス容疑者についての回答を要求し、国会議事堂に何人の連邦情報提供者がいるのか質問した。
「連邦捜査局の挑発者」とされるエップスはビデオに捕らえられ、他の人に国会議事堂への侵入を促し、昨年夏のFBIの最重要指名手配リストから説明なしに姿を消しました。
「この男はどうですか?」トランプは1月6日にエップスを模倣して尋ねた。「彼には何も起こらない。彼に何が起こったのか?何も起こらない」

トランプ大統領はエップスに何が起こったのか尋ねた。

トランプは、1月6日の被告の連邦訴追を「政治犯の恐ろしい迫害」と呼び、放火、略奪、および横行する器物損壊を犯したことで、左端のブラック・ライヴズ・マターやアンティファ暴動者が司法省から寛大さを与えられた理由を疑問視した。

トランプ氏は、1月6日の被告の「不潔」で「おぞましい」生活状況を説明しながら、裁判を待っている間、彼らは「地獄に住んでいる」と述べた。

トランプはさらに、1月6日に国会議事堂の建物内で殺害された空軍の退役軍人アシュリ・バビットを撃った国会議事堂警察官のマイケル・バード中尉に「制御不能な間抜け、本物の間抜け」というラベルを付けました。・・・・

他の失敗した外交政策決定に加えて、トランプは、ホワイトハウスがタリバン支配下のアフガニスタンから米軍を「最も恥ずかしい」撤退させたことについて、バイデンを再び非難した。

2022年のトランプの最初の集会は、ホワイトハウスを去ってからほぼ1年後、元最高司令官が共和党のサークルで引き続き目立っていたことを強調しています。

アリゾナのトランプ集会。45代、47代。