米国務長官のプリンケンは、アメリカは台湾の独立を支持していないと言います

バイデン国務長官のトニー・ブリンケンは、ソロスと家族の絆を持ち、最近の国務省の宣言から逆戻りし、米国は台湾の独立を支持していないと述べています。

THE GAYEWAY PUNDIT 26 May 2022より:

バイデンの国務長官は本日、アメリカは台湾の独立に同意していないことを共通認識としました。

バイデン政権は5月に台湾の「米国の報告書」を変更し、「米国は台湾の独立を支持していない」という以前の文言を削除しました。この公式ポリシーの変更は、Chi-Coms(中国共産党)を混乱させました。・・・・

共同通信タイムズが変更を報告しました。

1979年に外交承認を台北から北京に切り替えて以来、ワシントンは、北京を「中国の唯一の法的政府」として承認するという一つの中国の政策に取り組んできました。しかし、この政策は、台湾との非公式な関係と、島が十分な自衛能力を維持するのを助けるための支援の提供を認めています。

ワシントンは、台湾に対する中国の攻撃に対応するための軍隊の使用に関して曖昧な立場を維持している。これは、中国の侵略を阻止し、台北の独立を阻止することを目的とした政策である。

国務省の台湾関係に関するファクトシートは、以前、米国は台湾の独立を支持していないと述べていました。

しかし、5月5日にオンラインで投稿された更新に続いて、台湾は中国の一部であるというフレーズとともに、この言語は削除されました。プライスは、そのような更新は「定期的に」行われると述べました。

「ファクトシートはここ数年更新されていませんでした…世界中の関係がファクトシートに正確に反映されるようにすることに最も気を配っていると思います」とプライス氏は火曜日に語った。

台湾の台北ニュースは、当時の米国の最新政策についても報じました。

更新されたバージョンでは、中国の一部としての台湾に関する声明が削除され、文書は「主要な民主主義および技術大国として、台湾はインド太平洋における主要な米国のパートナーである」という声明で始まります。

しかし、今日、トニー・ブリンケンは、国務省の更新されたファクトシートから逆戻りしました。バイデン国務長官のトニー・ブリンケン氏は記者団に対し、米国は台湾の中国からの独立を支持していないと語った。

ブリンケンは、バイデンが中国に対する方針は、台湾の侵略があった場合、米国は「軍事的に」関与すると述べて驚かせた後、バイデン政権の対中国政策をなぎ倒した。 ブリンケンには非常に疑わしい過去があります。おそらくこれが、彼が台湾をCCPに引き渡して喜んでいる理由であり、ブリンケンの両親はジョージソロスと親密です。・・・・