民主主義研究所の世論調査、アメリカ人の56パーセントがプーチンを置き換えるよりもバイデンを置き換える方が良い。

THE LAST REFUGE June 8, 2022より:  
Express.UKは本日発表された世論調査[データはこちら]で、ウクライナ危機に対する米国の感情を示しています。「より多くのアメリカ人は、プーチン(43パーセント)よりもバイデン(56パーセント)を取り除くほうがよいと信じています。」 また、「ロシアは、中国(45%)、イラン(20%)、北朝鮮(17%)と比較して、4番目に大きな国際的脅威(14%)としか見なされていません。」

世論調査全体がバイデン政権にとって壊滅的です。