カリフォルニア州、新しいガソリン車の販売を禁止。

– 次の 10 年ですべてを電気自動車に。

THE GATEWAY PUNDIT August 24 2022より:

カリフォルニア州は木曜日に、2035 年までにガソリン車の販売を禁止する予定です。

カリフォルニア州で 2035 年までに販売されるすべての自動車は、「化石燃料の排出がない」ものでなければなりません。

カリフォルニア州のギャビン・ニューサム民主党知事は声明で、「炭素汚染の流れを食い止めるために必要な大規模で大胆な措置に集中すれば、気候危機は解決可能だ」と述べた。

誰もが新車に使える $70,000 を持っているからです。

ニューヨーク・タイムズは次のように報じました。

カリフォルニア州は木曜日に、2035 年までに新しいガソリン車の販売を禁止するという抜本的な計画を実施する予定です。これは、気候変動と闘い、電気自動車への世界的な移行を加速する取り組みに大きな影響を与える可能性がある画期的な動きです。

ビル・クリントン大統領、ジョージ・W・ブッシュ大統領、バラク・オバマ大統領の下で環境保護庁の輸送排出量プログラムを率いた電気自動車の専門家、マーゴ・オージ氏は、「これは巨大です」と語った。「カリフォルニア州は、ゼロエミッション車を義務付ける世界で唯一の政府となるでしょう。ユニークです。」

カリフォルニア州大気資源委員会によって発行されたこの規則は、2035 年までに州内で販売されるすべての新車の 100% が、地球温暖化の主な原因である化石燃料の排出をなくすことを要求します。これは現在の12%から増加しています。それは、2026 年までに州内で販売される新しい乗用車の 35% がゼロ エミッションを生産することを要求する暫定的な目標を設定します。それは 2030 年までに 68% に達するでしょう。

バイデンは昨年、2030 年までに米国の自動車販売の40~50%を電気自動車にするという新たな命令を発表しました。

圧倒的多数のアメリカ人が電気自動車よりもガソリン車を好むため、カリフォルニア州のジョー・バイデンとマルクス主義者は、住民に EVを強制するだけです。

カリフォルニア州の電気自動車所有者の5人に1人は、充電の不便さからガソリン車に切り替えました。

ガソリンタンクを満タンにするのに数分しかかかりませんが、一部の電気自動車は 35 マイル走行するのに数時間充電する必要があります。 2012 年から 2018 年の間に調査した EV 所有者の20% が、電気自動車の充電は完全に「面倒」であり、そのためガソリンに戻ると答えていることが、研究者によって判明しました。