フランスでアフリカ系移民による女性と子供への残忍な暴行、ビデオ

容疑者を逮捕

THE GATEWAY PUNDIT Jun 20, 2023より:

開かれた国境は影響を及ぼします。

フランスのボルドー市を震撼させた衝撃的で残忍な事件で、女性と幼い子供がひどい暴行を受けた。

ボルドー・インフォによると、容疑者は警察によく知られているアフリカ系移民と特定され、事件後に逮捕されたという。

暴行は白昼に行われ、ビデオには襲撃者が女性と幼い子供に近づき、強盗を目的としたとみられる様子が映っていた。

男が近づくと、女性は住居に後退してドアを閉めようとした。この行為は移民の攻撃的な反応を引き起こし、移民はさらに暴行を加え、建物から女性らを引きずり出した。

「6月19日にボルドーで起きた新たな襲撃事件のビデオ。アフリカ人襲撃犯は警察に逮捕された。 彼は警察にもよく知られているよ。」

この事件を受けて、多くの政治家が名乗り出て懸念と非難を表明した。
そのうちの1人はフランスの保守政治家エリック・ゼムール氏で、次のように書いている。今日のボルドー。これが彼らが我が国に対して行ったことなのです。フランス人よ、起き上がれ。
この事件をきっかけに、ボルドーやフランス全土で安全と移民政策をめぐる激しい議論が巻き起こった。多くの人が国境管理の強化を求めている。

主な理由の 1 つは、国家安全保障の保護です。 厳格な国境管理で、各国は人の出入りをより適切に監視できるようになり、テロリストや犯罪者などの潜在的な脅威を軽減できます。さらに、このような政策は移民の割合を制御し、社会的結束を維持し、国民の雇用を保護し、医療、教育、社会保障などの公共サービスが過剰にならないようにすることができます。