中国は化石燃料の使用を倍増。

グローバリストのエリートやジョン・ケリーのような役に立つ馬鹿への約束にもかかわらず。
THE GATEWAY PUNDIT September 26 2022より:

中国はここアメリカで急進的な環境保護運動に資金を提供しているが、愚かなグローバリストのエリートに対する以前の約束にもかかわらず、同国は化石燃料の使用を倍増させている。

今日、Gateway Pundit は、中国共産党 (CCP) が資金を提供している過激な緑のグループについて報告しました。これらの左派グループは、21 世紀に世界をリードするアメリカの能力を破壊しています。

サプライズ!

バイデンの過激なグリーンアジェンダの背後にあるグリーングループは、中国共産党と深いつながりを持っています。

しかし、中国は自国の温室効果ガス排出量を削減するつもりはありません。実際、中国は化石燃料の使用を倍増させています。

Finbold の報告:
中国は温室効果ガスの世界最大の排出国であり、地球温暖化の主要な要因です。この認識により、中国の習近平国家主席は 2060 年までにカーボン ニュートラルになることを約束しましたが、中国のほとんどの裕福な地域では、投資と化石燃料の使用が倍増しています。

サウスチャイナ・モーニング・ポストの8月22日の報道によると、広東、浙江、上海は低炭素技術と再生可能エネルギーの開発に多額の投資を行っているが、化石燃料プロジェクト、特にガスにも投資している。

若年層の失業問題と不動産市場の危機により、中国の成長鈍化により、当局は煙突産業を使用して経済生産を押し上げるようになっています。

非営利団体のグローバル エネルギー モニターは、石炭火力の利用の増加に懸念を抱いています。彼らは、2022 年 7 月の時点で、中国が 258 の石炭火力発電所の建設を許可したと推定しています。 完成すれば、290 ギガワットの電力を生成し、これは開発中の世界の総容量の 60% 以上に相当します。

中国の電力網は、電力網の非効率性のために余剰エネルギーが地域全体に輸送されるのを妨げているため、石炭とガスは政府や省にとって電力不足を回避する唯一の方法であるようです。

もちろん、ジョン・ケリーのような便利な馬鹿は常にいます。