国連代表が世界経済フォーラムで「私たちは科学を所有している」と宣言。

ビッグテックと協力して他の視点を抑えていることを認める (ビデオ)

THE GATEWAY PUNDIT October 3, 2022より:

Melissa Fleming

国連のグローバル コミュニケーション担当事務次長であるメリッサ・フレミングは、世界経済フォーラム イベントのスピーカーの 1 人でした。

メリッサ・フレミングは、2022 年 9 月 19 ~ 23 日にニューヨークで開催された「2022 年の持続可能な開発影響会議での偽情報への取り組み」に関する講演で、エリートは人々が「科学を所有している」ため、人々に科学に従うことを望んでいると自慢しました。

フレミングはまた、「気候変動」に関するグローバリストの説明に同意しない、専門家の見解を含む反対の見解を抑圧または検閲するために、グーグルと契約を結んだことを認めた。

つまり、Google で気候変動を検索すると、グローバリストが承認した情報しか得られないということです。

「私たちは Google と提携しました。 たとえば、気候変動をグーグルで検索すると、検索の先頭にあらゆる種類の国連リソースが表示されます」とフレミング氏は、マネージング ディレクターであり、公共および社会的関与の責任者であるエイドリアン・モンク氏との世界経済フォーラムでの1対1の会談で述べました。

「私たちがこのパートナーシップを始めたのは、気候変動について Google で検索したときに信じられないほど歪んだ情報がトップに表示されていたことにショックを受けたためです。そのため、私たちはより積極的に取り組んでいます。」

「私たちは科学を所有しており、世界はそれを知っているべきだと考えており、プラットフォーム自体も知っています。しかし、繰り返しになりますが、社会のすべてのセクターが非常に活発になる必要があると私が考えるのは大きな課題です」と彼女は言いました.

以下のビデオをご覧ください。