ノルウェーのオスロでの電気自動車の充電料金は、ガソリン車の満タン料金の2倍以上の費用がかかる

THE GATEWAY PUNDIT December 16, 2022より:

ノルウェーの首都オスロで電気自動車を充電すると、ガソリン車を満タンにするよりも 2 倍以上の費用がかかります。

先週、オスロ市の予算が承認された後、オスロ市営の電気自動車充電器の価格が劇的に上昇したことが、地元紙 Avisa Oslo で報じられました。

2019年の時点で、地方自治体は市民に電気自動車の充電料金を請求し始めました。The Local によると、価格は 1 時間あたり 5 から 15 クローネ (2ドル) の範囲で、充電器の出力 (キロワット) と 1 日の時間帯に基づいています。

通常の深夜料金と夜間料金は、4年足らずで7倍に値上がりしました。

現在、オスロ政府は電気自動車の充電料金を、日中の「通常の」充電で 1 時間あたり NOK 28 から NOK 49 (USD 2.80-4.90) に引き上げ、夜間は NOK 13 を NOK 39 (USD 1.31-3.94) に引き上げました。・・・

News in Englishによると、値上げの結果、ノルウェー電気自動車協会であるNorsk elbilforeningは、もはや電気自動車の購入をサポートできないと述べた。

「場合によっては、電気自動車を充電するのは、大気を汚す(化石)燃料を満タンにするよりも2倍の費用がかかる可能性があります」と、エルカー組織の事務局長であるクリスティーナ・ブーはフィナンサビセン紙に語った。彼女は続けて、オスロ市政府 (皮肉なことに緑の党と労働党が率いる) によって文字通り一夜にして強要された上昇率を「ばかげている」と言った。

一般市民の抗議と、電気自動車協会と地元の EV 所有者からの大きな圧力により、オスロ市議会は、地方自治体の路上充電の充電コストを改訂することを決定しました。

「路上充電に依存している多くの会員が電気自動車協会の会員サービスに連絡し、価格ショックに絶望を表明したことを伝えました」と Christina Bu 氏は述べています。・・・

Norway Postsの詳細
新しい価格はまだ元の価格からの上昇を伴いますが、価格の上昇は12月7日に市議会が決定したものよりも著しく低くなります。

年末年始に適用される価格は次のとおりです (例は料金ゾーン 3052 または 3054 のものです)。

充電ステーションでは、夜間は 1 時間あたり 35 ノルウェー クローネ (3.54 ドル) かかりますが、新年以降は 1 時間あたり 19 ノルウェー クローネ (1.92 ドル) になります。 古いレートは NOK 13 ($1.31) でした。

現在日中は 1 時間あたり NOK 49 ($4.95) かかる充電ステーションでは、新年以降は 1 時間あたり NOK 27 ($2.73) になります。 旧レートは 18 ノルウェー クローネ ($1.82) でした。

価格は「できるだけ早く」発効するものとします。 Aftenposten は、それが新年になると報告しています。 電気自動車協会は、クリスマス前に価格が有効になるように要求しています。