BLM-Antifa暴動は国内テロではない?

The Post Millennialより

バイデンが指名した司法長官によると、連邦裁判所に対するAntifaの攻撃は、夜間に発生したため、国内テロではない可能性があります。

メリック・ガーランドは本日、ジョー・バイデン大統領による米国司法長官への指名を支持して上院での質問に答えました。

ジョシュ・ホーリー上院議員は、「ワシントンDC、ポートランドその他の場所、たとえばシアトルでの連邦財産への暴行」についての考えをガーランドに尋ねた。

ガーランドは、本質的に、国会議事堂への攻撃は国内テロリズムであったが、夏の間の連邦ビルへの攻撃はおそらくそうではなかったと述べた。

ホーリー、

「連邦裁判所やその他の連邦財産への暴行は、国内の過激主義、国内のテロ行為と見なしますか?」

ガーランド、

「上院議員、私自身の定義は、法定の定義とほぼ同じですが、民主的なプロセスを混乱させるために暴力または暴力の脅威を使用することです。したがって、裁判官が実際に事件を決定するのを阻止しようとする、審議中の裁判所への攻撃は、明らかに国内の過激主義、国内のテロリズムです。単に政府の資産、夜間に、またはその他の状況に対する攻撃は、明らかな犯罪であり、重大な犯罪であり、罰せられるべきです。あなたが話している例の事実については十分にわかりませんが、それが私が一線を引くところです。

どちらも犯罪者ですが、1つは民主主義機関への核となる攻撃です」

1月6日の国会議事堂の暴動に関して、ガーランドは参加した人々に厳しく対処するつもりです。

ガーランド、

「(司法省の)設立から150年経った今でも、民主主義機関に対する過激派の攻撃との戦いは、同省の使命の中心であり続けています。1995年から1997年まで、私はオクラホマシティ連邦ビルの加害者の起訴を監督しました。彼らは連邦政府を倒す革命を引き起こそうとしました」

続けて 「確認されれば、私は、1月6日に国会議事堂を襲撃した白人至上主義者やその他の人々の起訴を統括します。私たちの民主主義の基礎を破壊しようとした凶悪な攻撃:新しく選出された人への平和的な政権交代 そして、その重要な仕事は、部門の責任の広い範囲の一部にすぎません」と述べた。