2020年選挙、デラウェアで発見された大規模な「異常」投票と明らかに過剰なナーシングホーム投票

NATIONAL FILEより抜粋要約:

死者が投票しただけでなく、ベッド数がそれほど多くないナーシングホームからの投票も多いようです。たった94床のナーシングホームからの投票は296票あります。これは、満員になることはめったにない施設からの315%の投票です。 100%を超えると報告した他のいくつかのナーシングホームがありましたが、州内のほとんどの施設は、利用可能なベッドに関して0%から75%の投票を報告しました。これらのナーシングホームから投票したすべての人々はどこにいますか?

「制服組および海外市民」からの膨大な数の投票で、州内の3つの郡選挙事務所を住所として郵送/居住地の住所が記載されていることが明らかになりました。選挙法は、これらの特定の有権者の住所を最後の居住地の住所として記載する必要があることを明確に規定しています。ウィルミントンにある国営のCarvelビルには人々は住んでいません。これらの投票は合法ですか?

問題となるもう1つの主題は、有権者名簿です。11月3日の選挙までの数か月で、約3万人の有権者が有権者名簿に追加されました。奇妙なことに、これらの有権者のうち11,000人以上が、2021年8月だけで名簿から削除されました。州は、有権者登録の合計に関する月ごとのデータのみを提供します。追加または削除された有権者は、日常的に、月ごとのデータでは明らかになりません。
選挙の数か月前から非常に多くの有権者が名簿に追加されたのはなぜですか。また、なぜ今は削除されているのですか。なぜ1万1000人が1か月で投票登録を解除するのでしょうか。選挙人名簿を「クリーンアップ」したのは選挙事務所でしたか?もしそうなら、なぜ有権者を削除するために歴史的な選挙が終わるまで待つのですか?

最後に、天文学的に高い47,205票が裁定(機械が読み取れなかった用紙を人の手で作り直す)に送られます。これは、州で投じられたすべての郵送/不在者投票の25%に相当します。
FEC(連邦選挙委員会)では、投票用紙の.0008%を裁定に送ることができます。

ES&Sの作表機がこれらの郵送/不在者投票用紙をスキャンしているときに、明らかに何かがおかしいため、多くの投票用紙が読めないと見なされていました。
さらに、デラウェア州の選挙法によれば、各投票用紙には、共和党員、民主党員、選挙裁判官が投票用紙を表示して投票者の意図を決定する必要がありました。選挙管理人がこれらの裁定された投票用紙をすべて表示するには、どのような工数がかかりますか?
ES&S作表機は正しく校正されましたか?マシンは認定されましたか?誰がそれらを認定しましたか?私たちデラウェアの人々は、2020年11月3日に何が起こったのかを知るに値します。