トランプ前大統領、米は選挙制度改革が必要

OANより:
トランプ大統領は、将来の歪投票を防ぐために必要な米国の選挙制度への必要な変更について概説しました。

「私たちにはすぐに修正しなければならない非常に病んで腐敗した選挙プロセスとなっています」とトランプ大統領は述べました。 「この選挙は不正であり、最高裁判所や他の裁判所はそれについて何もしようとはしませんでした。」第45代大統領は、米国の選挙は選挙日にのみ行われ、すべての投票に対して明確で検証可能な一連の管理が必要であると述べました。彼は、米国には有権者IDが必要であり、不在者投票には正当な理由が必要であり、郵送による投票は違法としなければならないと付け加えた。

「ほとんどすべてのスウィングステートで選挙規則が土壇場で違法に変更されたことは否定できません。地元の政治家や地元の裁判官に、許されていないのに、手続きが書き直されました。彼らはもっと時間を望んでいます、彼らはこれを望んでいます、あれを望んでいます。」とトランプ大統領は述べた。「すべては、合衆国憲法によって要求される州議会に逆らって、地方の政治家または地方の裁判官によって行われます。 「これらは膨大な数です。これらは小さな数ではなく、各州で変更可能な数です。それは選挙の結果を変える」と大統領は付け加えた。トランプ大統領はまた、昨年の選挙は共和党にとって圧勝であったことを繰り返し、2024年に再び民主党を破らなければならないかもしれないと付け加えた。