都市の暴動・放火・略奪は非難しない民主党

OANより

共和党スカリース議員:トランプ大統領は議事堂抗議を非難した。

下院共和党のホイップ・スティーブ・スカリースは、1月6日の議会議事堂に対する犯行からトランプ大統領を擁護した。

日曜日のインタビューで、スカリースは、トランプ大統領ではなく、主に国会議事堂を襲撃した何百人もの人々に責任を負わせるべきだと述べた。

彼は、連邦機関が抗議者に説明責任を負わせるために一生懸命働いたと述べ、200人近くが逮捕されたと述べた。 スカリースはまた、1月6日のイベントの責任を押し付ける民主党員の迅速さを強調したが、この夏、BLM暴動を非難することには消極的だったと述べた。

「トランプ大統領は何が起こったのかを非難した」とスカリースは述べた。 「そして、1月6日だけでなく、夏の間、都市を焼き払い、警官を撃ち、街頭で人々を殴打したとき、誰もが何が起こったのかを非難することにいい加減だったと思います。 私たちと同じように、左翼が1月6日を非難しているのを見ましたが、彼らは夏に起こったことを非難しませんでした。」

スカリースは、政治的紛争を解決するために暴力に訴える人々を非難するように両陣営に促した。